国際ロータリー第2790地区 第3分区A
千葉東ロータリークラブ CHIBA-HIGASHI ROTARY CLUB
メンバー専用ページ
会長挨拶
トップ 会長挨拶 クラブ資料 会員紹介 委員会・活動方針 年間プログラム 会報 近隣他クラブ例会場 リンク集 お問合せ



会長写真
【奉仕の理想・する力でなく、やりとげる決心】
千葉東ロータリークラブ
会長 柳 啓一

 2018〜2019年度会長を拝命し、その役割の重大さに改めて心が引き締まる思いであります。
 今年度のRIテーマは「インスピレーションになろう」です。国際ロータリー会長のバリー・ラシン氏は、ロータリーは会員制組織であり、奉仕活動を通じてより良い世界を築きたいと願うなら、「会員を大切にしなければなりません」と言われ、また重要なのは意識改革であり、インスピレーションを働かせてロータリーに変化をもたらす発想の転換をし、新発想で活性化させることが重要と述べられました。

 千葉東ロータリークラブでは二度会長に就任するのは今年度私が初めてでありますが、2007〜08年度に会長として活動した経験を活かし会員が自由な発想で活性化をし、また当クラブからは第3グループに宍倉ガバナ補佐が就任しその活動を支援して、地域社会から「お陰様で」と言われるように努力致します。

 会員の皆様方のお力添えを、今年度1年間宜しくお願い申し上げます。


【2018〜2019年度 会長活動方針】

1.各委員会活動の自由な発想で活性化をする
2.会員増強・退会防止の実施
3.納涼、忘年家族例会及び親睦旅行の実施により会員相互の親睦を深める
4.千葉西RC・千葉若潮RCとの3クラブ合同例会の実施
5.市川シビックRCとの合同例会の実施
6.姉妹クラブの五福RC・ナムソルRCとの交流
7.社会奉仕活動で恩寵園の子供達との交流、千葉県立盲学校への支援活動
8.職業奉仕活動で公的施設の参観
9.オリコロータリーカードの理解と普及活動
10.楽しくなければロータリーでない、然し楽しいばかりがロータリーではない